スリム化【第一弾】ペトロマックス 灯油ランタン

キャンプに行く回数に伴い、だんだん荷物も多くなってきました。

車を大きいのに買い替えればいいのですが、それはまだできませんので…少しずつ少数精鋭にしていきたいと考えています。

それに伴い、バーナー、ランタンなどの燃料系もコストが高いホワイトガソリンからコストが安い灯油(ケロシン)に移行と、コストダウンも兼ねたいです。

その第一弾として、まずランタンを移行しました。

今までは、コールマンのホワイトガソリン使用の「ノーススターチューブマントルランタン」を使用していました。

●明るさ:約360CP/230W相当 ●燃料タンク容量:約940cc ●燃焼時間:約7~14時間
●本体サイズ:約φ17.3×34.3(h)cm ●重量:約1.8kg ●機能:点火装置
●使用ジェネレーター:Model 2000-589R ●使用グローブ:Model R000B043J

このランタンですが、点火装置付きでポンピングしてボタンを押すと明かりが灯るので、非常に扱いやすく良いランタンでした。しかし、燃料はホワイトガソリンでコストが高いです…

今回、購入するにあたり重視したポイントは「大きさ、デザイン、光の色、燃料はコストの安い灯油(ケロシン)」です。

そこで我が家が選んだのは「ペトロマックス ランタン (ニッケル)PETOROMAX」!!

※ペトロマックスは1910 年にドイツで創業した灯油ランタンのブランドです。扱いは難しいとネット上で書かれていますが、なんでも簡単がいいわけでもないと思う年齢ですから、楽しみながらと考えました。
●サイズ : 径17×高さ40cm ●本体重量 : 2.4kg ●タンク容量 : 1L ●燃焼時間 : 約8時間 ●明るさ : 500CP(約400W)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Petromax ペトロマックス HK500 アウトドア
価格:23999円(税込、送料無料) (2017/11/16時点)

 本体の他に、①ケース②PETROMAX(ペトロマックス) 灯油ランタンパーツ、ステンレスノズル③ガスチャンバー④ポンプアダプターも購入しました。

①のケースは木箱やアルミケース等ありますが、とりあえず必要ですのでトランスポートバッグを購入。

②③のステンレスノズルとガスチャンバーは、壊れやすいパーツの為、耐久性があり、かつ少し明るくなるとの事なので、すでにご使用されているキャンパーの方々のブログ等を参考にして購入しました。

わかりずらいですが、写真上が純正で写真下が今回購入して交換したものです。

 ④のポンピングアダプターは、コールマンのランタンの時も使用しており、大変便利なので、ペトロマックスでも使用をしようと購入しました。ポンピング用の空気入れは、米式の自転車用空気入れです。

初使用は先日の富士山の見えるキャンプ場のふもとっぱらです。

ふもとっぱらのキャンプレポはこちら

使用方法は、①燃料を入れる②ダイヤルの矢印を上向きにする③圧力計の矢印までポンピング④プレヒート約2分程(取扱説明書は90秒)⑤ゆっくりダイヤルを下に向ければ、オレンジ色の明かりが灯りました。手順を踏めば大丈夫でした。

メンテナンスはまだしておりませんが、ペトロマックスの優しい光を眺めているだけで癒されますね。

※リフターもあった方が良さそうなので検討中

まだまだ、第一弾です。次は、ストーブを考えています!

≪ライターS≫ ≪編集a≫

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク